So-net無料ブログ作成
検索選択

桜を求めて、 えぇぇ! バスなの? [東京]

時々立ち寄る「世田谷公園」去年の夏は、激しかったなぁ~。ポケモンGO!
DSC05625 (640x263).jpg
この日は、園芸関係のイベント(販売会)準備中でした。

今回の鉄分は、この、世田谷公園の保存車両だけだよ~ん!
DSC05629 (415x640).jpg
(銅像を正面から撮影しない。)したけど、掲載しない。

おおお!提灯!なかなか良いではありませんか、でも、この道には、鉄道の絡む要素なし!
DSC05635 (640x420).jpg
この付近、三軒茶屋~池尻大橋から、帰静ルート(静岡帰省するルート)を検索すると!

なんと、高速バス(昼バス)が、ヒットするのです。首都高3号・渋谷線だもんね。
DSC05638 (640x425).jpg
しかも、毎時1本に近い充実運行!あら、あら、まぁ!まぁ!スゴイぞ!昼バス!

あ!この横断歩道の左が、「目黒川桜並木」の北限(?)ですね。(川桜の撮影は失敗!)
DSC05639 (640x425).jpg
まぁ、都内の桜の名所は、チェックしたんだぜぇ~。(でも、失敗?)

まぁ、それ以前に、懺悔!「春の18切符」静岡で最終を、待つ前に、金券ショップで換金!
DSC05641 (640x361).jpg
差額は数百円、そんな金額で、「春の18切符」を、早々に売り払ってしまったワシ・・・。

だから、雨に祟られた(?)いえ!いえ!雨は、雨男の常識ですからぁ~。
DSC05644 (640x420).jpg
えええ?もう、大和(現住所は南東に1.5km付近)高速バス!昼バス速いぞ!

開花時期と、天気が良ければ、高速道路沿いの桜も、もっと楽しめたかなぁ?
DSC05645 (640x340).jpg
自分(ズブン)は、運転中にワキ見できない体質なので、こんなの無理!

こういう角度での桜なら、たぶん目に入ったかなぁ~。
DSC05648 (640x443).jpg
いや!いや!いや!前後の車両と、流れを注意しているでしょう。

ぎゃぁ~降ってきた!(新東名との分岐点)でも、乗客なので豪雨見物!風流じゃ!
DSC05654 (640x396).jpg
自分(ズブン)なら、運転したくない!やっぱり、鉄道にすればヨカッタ!そういうレベル!

でも、高速バスなら、こんな脇見しても、OK牧場!ありがたいですねぇ。
DSC05661 (640x410).jpg
富士川楽座!遊びに行きたいよぉ!ゴールデンウイークは、繁盛するだろうなぁ!

雲と霧の「薩埵峠」 ・・・う~ん!バス車内から眺めるなら、まぁイイか?
DSC05665 (640x419).jpg
バスは南西に向かっています。振り返ると富士山がぁ・・・、天気なら見える!かも?

えええ!全席電源!スマホの充電は心配なし!
DSC05650 (640x425).jpg
新宿、渋谷から、静岡駅前!在来線利用(青春18切符)と、トントンのお値段で、充実装備!

あああ!これ、ルートによったら(今回みたいなルート)
DSC05676 (640x425).jpg
絶対にお得だわさ!(鉄道より、静岡集客誘致!)18切符より、お得でした!

バスは、渋谷を遅れて発車しましたが、定刻に静岡駅前に到着(画面奥は南口、到着は北口)
DSC05680 (640x415).jpg
この日の静岡市内は、パトカーだらけ、警察官だらけ、規制前でスムーズに到着でした。
っていうかぁ?『スター・ウォーズ』シリーズの白い兵士「ストームトルーパー」みたいな、白い雨合羽の警察官に占領される中、「ジェダイの騎士」(ダレ?)は、「タマ・ニャン・毛伸ぉ尾」の元へ向かう!

駅から留守宅までは、徒歩で規制ラインを突破!そんな、平成29年4月7日の静岡市

梅を見に、薬師池公園へ、行った話 [東京]

梅が咲いたと、どこかで聞いたので、Sazabyさんのブログを頼りに出かけました。
DSC05580.jpg
十分往復可能な距離ですがぁ・・・。他の用事もあったので、時間短縮のためと・・・

道に迷う心配の無いように、行きを小田急電車利用としました。
DSC05582.jpg
サッカー少年たちが降りたので、運転席の後ろに配置してみました。輪行らしいですか?

相模大野で、先発の各駅停車に乗り換えて、鶴川まで乗りました。
DSC05583.jpg
鶴川駅から、鶴見川沿いに西に向かって、鎌倉街道に当たった南が、薬師池公園周辺

左手が鶴見川で、奥の鉄橋が小田急なのですがぁ・・・。
DSC05584.jpg
自転車に乗ると、ロマンスカーが通過しました。鶴川駅の南西もカーブしていて、撮影ポイント

ワープしたみたい。橋を自転車で走ったワケではありません。記念撮影です。
DSC05586.jpg
橋の周囲は、ハス田です。(蓮田と記述すると、駅名みたい。)岩国時代を思い出します

「自由民権の像」
DSC05589.jpg
鉄パイプで、何か、束縛を受けている・・・自由 (?複雑な思想表現ではなさそうです。)

「薬師池の由来」
DSC05593.jpg
農業用水池だったのか!宝永噴火の時にも、池をさらったのか!

ズガビーン! なんてこったい?DSC05594.jpg
こういう場面に、出会うコトの多い私!だと思う。

町田市のHPで、下調べしたのですがぁ・・・。
DSC05595.jpg
以前の公園風景ばかりが、検索された気がする。

そして、「花の見ごろ」を検索すると、「このページは、アクセスできません。」と表示された。
DSC05596.jpg
ズズズ・・・ズズズ・ズガビーン! なんて、こったい!?

いい枝振りですねぇ!ツボミを鑑賞するのは、風流!風流!大風流ですなぁ!(わはは笑)
DSC05600.jpg
これは、建国記念日も、バレンタインデーも、まだ!かもしれない。

みぃ~つけた!見付けた!梅一輪?
DSC05601.jpg
泣かないよ! 風流!風流!大風流ですなぁ!(わはは笑)

薬師堂に登ってみました。  走って、泳いで、元気いっぱい不健康な私です。
DSC05608.jpg
お薬師様に、御祈りしましょう。

基礎を直して、瓦をふきかえていますが、その他の建材は古いです。
DSC05610.jpg
縁日に来たいなぁ。でも、人ごみもイヤだなぁ~。って、どっちなんだ?

南側から全体を眺めます。この茅葺は、新しい!
DSC05618.jpg
なんか・・・昔話で、山姥の家と知らずに、迷い込む牛飼いの気分です。

きゃぁ~!植木屋さん!気を付けて!
DSC05621.jpg
見ると怖いけど、自分で登るのなら、たぶん喜んで登りそうな私!

あぁ~ぁあ、どこも、かしこも、工事中だわさ!
DSC05625.jpg
「萬葉草花苑」も、風流!風流!大風流ですなぁ!(わはは笑)

駿河の海 おしべに生ふる 濱つづら 汝をたのみ 母に違ひぬ
DSC05627.jpg
駿河の海の磯辺に生えている浜つづらのように、長くあなたのことを信じて、母の言うことに背きました。
・・・って、ナニやらかしたんだよう?駿河の海・・・枯れた都豆良(つづら)が、なお物悲しいよぉ!

もう、こうなりゃ花より団子!
DSC05638.jpg
いきなりだなぁ~。

寒いし、寂しいし、物悲しくなるし・・・。
DSC05640.jpg
団子セットは、300円です。

みたらし団子!久しぶりに食べたら、焼き鳥みたいに美味しい!(どういう たとえ?)
DSC05642.jpg
ドロっとした餡子も、しみわたるわぁ~!

薬師茶屋の前の松の雪囲いが、風流!風流!大風流ですなぁ!(わはは笑)
DSC05645.jpg
実際、この前の雪が、日蔭には残っていました。雪景色も見たかったなぁ。

とにかく、H28.3.18まで、公園は全体的に工事中です。
DSC05647.jpg
その頃は、梅は終わっているだろうなぁ~。町田市HP・・・後から調べるとちゃんと表示!

おおお!生き物調査!
DSC05650.jpg
素晴らしい!

かいぼりで捕れた生きものたち
DSC05649.jpg
なるほど~!外来種が多かったのか! 3月の工事終了後は?後で調べてみようっと!

まちだリス園」にも行きました。 「お父さん!リスかわいい!お父さんもエサあげなぁ!」
DSC05664.jpg
可愛いリスたち・・・たくさん撮影しましたがぁ・・・。お蔵入りだなぁ~。

この張り紙は、ガラスケースの内側に有り、落書きはダレがしたのでしょう?(リス園内の犯行?)
DSC05668.jpg
・ 無毒 (かまれてもさほど痛くない) ← うそばっかり
・ ねずみを食べてくれるため、
 古くから農家の「ねずみ捕り」として大切にされてきた ← されてない(ヒヨコをたべるから)

大和への帰り道、鎌倉街道を、町田駅近くまで南下すると、境川に当たります。
DSC05678.jpg
川沿いに、大和まで、行き来すると、道が平坦なので自転車は快適です。

ここの梅は、もう少しかなぁ~?
DSC05680.jpg
自転車は、歩行者に気配りして、ゆっくり走ります。

薬師池公園!このままでイイわけない!リベンジじゃぁ!再来週?桜の時期?どうする?
桜の時期には、横須賀の走水・水源地まで走って、京急・浦賀から輪行かなぁ~?(妄想中!)

絵巻物語 [東京]

(火曜日・金曜日の更新が定着している拙ブログですがぁ・・・。今回は番外編?緊急速報?あはは笑)
もう、でも意地悪な心は、持ちません!
DSC08564.jpg
どこかの田舎の駅かなぁ~って、印象は新幹線E7系電車に対して、意地悪な発想ですよね。

横浜から乗った、上野東京ラインで、新橋から、やっと戦闘(先頭)車両の定位置を確保!
DSC08567.jpg
・・・って、いうかぁ・・・スマホをいじるなら、その位置でなくて良いでしょ?って、言いたい!(意地悪?)

「上野東京ライン」賛否両論?毀誉褒貶?
DSC08575.jpg
宇都宮から横浜に近い大和に転勤した私は、自分(ズブン)の為に敷かれたかと錯覚しています。

そんな私が、横浜からは乗り換え無しで到着!
DSC08579.jpg
やっほ~!デゴイチ! 撮影は順番待ちでした。 ううん!いいね!いいね!

水族館のイルカ問題は、複雑だなぁ~。新宿別館の先生って、対象(鯨)の話しかしないんだよね。
DSC08580.jpg
やっほ~!ナガスクジラ!私は大好き! う~ん 新宿別館の先生は、政治問題は嫌いみたい。

何度も通った、上野駅からのコースですね。
DSC08581.jpg
画面の左側に、購入希望者の行列と、美味しそうに食べている人の列がありました。

絵巻物語!(私の意地悪に、画伯は、ちっとも気付いて、いませんでしたがぁ・・・。)
DSC08583.jpg
私の邸宅の庭へ、ようこそ! まぁ全国民と共同使用しておりますがぁ・・・。

このたびは、こちらが混雑いたしまして、ご不便おかけした皆様には、申し訳ありませんでしたがぁ・・・
DSC08584.jpg
結局私も、この日、甲巻の展示は、見られませんでしたがぁ・・・。管理を任せている人の仕事を支持します。

絵巻なら、東博からタクシーで、ワンメーターの場所に、今なら!素晴らしい展示が!
DSC08589.jpg
あああ!このボードは、こういうカンジなんだなぁ~。

床屋の隣「猫八」 ううう!カッケー! 仕込み有りません!
DSC08590.jpg
モデルさんを、揃えられませんよぉ! あああ!南宇都宮の串久を、思い出すなぁ。

うひひ!「おみやげ」いただきました。 カぁ~博物館乾燥していた喉にぃ・・・染み渡る!
DSC08591.jpg
さて、この場所は・・・???・・・もう少し引っ張りますかぁ?

あああぁ~ん!もう!オシャレ
DSC08594.jpg
カッケーなぁ、もう!

さて、絵巻物語!
DSC08596.jpg
東博の展示と拙ブログにて、ネタにすることを、画伯は、まるで気にして居られませんでした。

さすがは、画伯!
DSC08598.jpg
お店と似合っている。 雰囲気! 良い! 良い!

DSC08599.jpg

画伯のパワー凄い! いったい、 なんなのぉ?
DSC08601.jpg
あぁぁ、カッケーなぁ。津鉄OGさんとの話も、盛り上がり過ぎ!きゃぁ~!たのしかった。

オサレな、カフェバーを、いきなり居酒屋モードにする。自分(ズブン)の注文!
DSC08603.jpg
画伯が、ウケ過ぎ! でも、地元の方々には、居酒屋モードで飲んでイク方も・・・

はい!カッケーなぁ!
DSC08605.jpg
やっぱり、猫 多いですね。

〆のカレーは、あおたけさん がぁ・・・注文してくれました。
DSC08613.jpg
というワケで、「猫八@根津」行って来ました。たのしかったです。

「猫八」また行くかなぁ。

タグ: 鉄道 東京

さまよえるサブカル人 [東京]

さまよえるサブカル人・・・ウルトラセブンに、サブカル星人とか出て来そう。
DSC05508.jpg
居酒屋で朝食、ランチしたっけなぁ~。・・・というか、朝昼晩で同じ店が営業形態を変更!

御飯屋が、居酒屋への流れもアリですか。酒飲みも減っているけど、ターゲットの客層って?
DSC05509.jpg
どうかなぁ?出張の酒飲みサラリーマンとか?・・・絶滅危惧種(?)全国日帰り時代ですか?

私はチャレンジャーなので、ぶなんなチェーン店って、魅力ないなぁ。(身も蓋もない感想)
DSC05510.jpg
路地や横丁に、名店を探し歩く・・・どっかの放浪記(?)

神保町と秋葉原の混ざり合うような位置、ポジション、立ち位置
DSC05511.jpg
どこから、どこに向かっているのか?フラフラ歩き楽し~い!

さまよえるサブカル人・・・今月中に鬼怒川温泉に、また行かなくては!温泉ってサブカル系なの?
DSC05512.jpg
全部好きなんですけど・・・廃墟は危ないから、自分(ズブン)では行かないかな?

4人で歩いていましたがぁ・・・レールを外れて遅れるのは、一匹・・・散歩中の犬状態=サブカル人
DSC05514.jpg
3人は、ソネット鉄道写真ブログの・・・三大巨頭!ビッグスリー! 十傑衆か? 九大天王か?

巨頭のお1人が、この日も撮影ということでお別れして、2人と一匹になりました。
DSC05517.jpg
万世橋近くの、建設重機の模型専門店!おおお!す・スゴイ!!サブカル人大喜び!

そして!現物も! あ!ユンボと思い込んでいたら、クレーンでした。キャタピラもゴムだわさ!
DSC05519.jpg
注目点は前後にレール上を走る、鉄輪が付いている点!しかも!その方面の業界の方から解説付きで、サブカル人大喜び!狂喜乱舞!聞いた話を書き込みたいのですが、それは止めておきます。

お2人は撮影しないのに、一匹は見境無し!
DSC05520.jpg

DSC05525.jpg
特急「かいじ」でしたっけ?東京駅への送り込み。撮影タイミングは、良くなっている(?)かな?

秋葉原から新宿を経由して、中野に到着!久し振りの中野に一匹は大喜び!
DSC05532.jpg
画的によいので掲載しましたがぁ・・・。「陸蒸気」は満席で別の店へ!美味しかった!

老舗中の老舗!中野にくわしい方の御陰で、次々名店巡りができました。わ~い!
DSC05535.jpg
「マッサン」の影響でスコッチを!でも、普段あまり飲まないので、飲み易いグレンフィディックを!

この日お仕事だった方も加わり、会合は再び3人と一匹に・・・一匹はしゃぎすぎ!大喜び!
DSC05536.jpg
3人の皆様ありがとうございました。一匹は湘南新宿ライン最終宇都宮行きに乗って、無事に戻れました。

東京スカイツリータウン [東京]

押上・業平橋駅周辺土地区画整理事業によって、誕生した「東京スカイツリータウン」に、私は初めて立ち寄りました。 ちなみに私はまだ、東京スカイツリーに登ったったことがありません。
DSC05490.jpg
特急「りょうもう」で浅草入りしスタンプを押して、東京スカイツリー駅に来ました。鉄道むすめ缶バッチをもらうため、東武グループツーリストプラザ(東京スカイツリータウン 東京ソラマチ(R)イーストヤード5階 営業時間 10:00~21:00)へと行きました。


東武グループツーリストプラザ鉄道むすめスタンプラリー会場
DSC05491.jpg
東京駅の地下と似ているような(?)チョット違う(?)お店があるなぁ~っと、思いました。


某所にて、あるお嬢様の前で、スカイツリーに「アイカツ!」のコーナーがあったよ!・・・って口を滑らせて、ご両親に、とんでもないご迷惑を、お掛けすることになった情報!
DSC05493.jpg
ウチの大きい娘達も、ハマっています。お正月に劇場版を見に行っていました。恐るべしアイカツ!


千葉工業大学東京スカイツリータウン(R)キャンパス
DSC05497.jpg
メカ大好きオヤジ大興奮!鼻血トロンチョ!(あの変形ロボットの展示も、あります。)
万国博覧会場のパビリオン(?)かと思わせる!大迫力の展示物の数々がぁ・・・
入場無料!!で、見られます。撮影も許可してもらえました。


そして、屋上から・・・俯瞰撮影じゃあ!俯瞰撮影じゃあ!俯瞰撮影じゃあ!
おおお!もしや、あれは私が乗ってきた特急「りょうもう」では?
DSC05503.jpg
でも、あまり、撮影し易くありません。なにかの配慮がされているのかも(?)しれません。
撮影マナーを守ります!!


東京スカイツリータウンでは、加速度的に時間が流れ、待ち合わせ時間に遅れそうになりました。エレベーターで地下3階に降りたら、昔どおりの押上駅で、逆に驚くやら懐かしいやら、半蔵門線に乗って神保町へ!
DSC05507.jpg
欧風カレー ガヴィアル」から、この風景まで、まるで記憶を無くしたように撮影がありません。爆!爆!爆!


この様子も「撤収勧告!」の後に撮影したものです。某所とは檜画廊でした。
DSC05506.jpg
人の生活がある風景 vol.2 吉永直子個展」よかった☆素晴らしいです。
そして、さすらうオヤジたち・・・「つづく」かも、いや、これでオワリがいいかな?

亀戸線で「どぜう」?(江戸下町連作其の三) [東京]

江戸下町連作も、今回が最終回です。
DSC04432.jpg
というか、共通券の3館目「中川船番所資料館」まで来ました。

館内に入るとエレベーターで3階へ
DSC04435.jpg
展望室から、小名木川と交わる、旧中川が見えます。

東大島駅って、駅で橋で、橋の駅なんですねぇ。おもしろい!
DSC04436.jpg
駅からの位置関係は、こんな感じで散歩にちょうど良いくらいです。

東京スプラッシュ・ツアー「スカイ・ダック」は、水陸両用バス
DSC04439.jpg
冬場は寒そうだなぁ。

では、館内を見学します。
DSC04441.jpg
おおお!酒樽!薦樽!

番所で、酒樽を数えて、税金を取るという場面です。
DSC04443.jpg
ここは、ガイドさんは居なくて、人が近づくとアナウンスが流れるタイプでした。

江戸時代は、マンションも駅もなくて、遠くまで見渡せたのでしょうね。
DSC04442.jpg
というか、日曜日の午後に、館内に私ひとりだけのような気がする。

じゃぁ体験コーナー、いってみよう!あらよ!我ながら素晴らしいバランス感覚だ!
DSC04445.jpg
おっと!おっと!  材木に乗って、材木を川で運ぶ「木場の角乗り」は、江東区の伝統芸能!

出た!へのへのオヤジ!法被を着て、ハッピー!
DSC04448.jpg
お後がよろしいようで・・・

中川船番所資料館の有る、東大島駅前から、バスに乗って亀戸駅まできました。
DSC04461.jpg
なぜかっていうと、ソネットブロガー「Cedar」さんの記事を読んで、究極の下町ローカルに乗りたくなった。

おおお!来たぁ!8000系の2連!ブフォ(吐血)、タラ~リ(鼻血)、尾籠で申し訳ありません。
DSC04466.jpg
毎日、宇都宮線で8000系の4連を見ているのに・・・

車窓からは、電柱とクレーンが被る、スカイツリーが見えます。
DSC04473.jpg

DSC04479.jpg
私は、まだ東京スカイツリーに登っていません。栃木のイチゴ「スカイベリー」も食べていません。

うわ~い!もう終点!曳舟駅
DSC04487.jpg
究極の下町ローカルにして、起点→終点の旅!☆素晴らしい!

では東武伊勢崎線で浅草へ
DSC04496.jpg
朝は半蔵門線で地下に入ったのでした。

いきなりですがぁ・・・。駒形でない方の「飯田どぜう」にやって来ました。
DSC04507.jpg
日曜日の午後三時・・・時間外したのに行列でした。

行列しながら、振り返ると、こんな感じです。
DSC04508.jpg
外で20分、中で10分くらい待って、離れに通してもらいました。

どぜう鍋は、丸で!
DSC04512.jpg
離れは、私の前に待っていた、自転車ジャージ&ヘルメットで、足下カチャカチャの若者二人・・・

最初の生ビールは、どぜう唐揚げと!下のモジャモジャは、ゴボウの素揚げ!ゴボウ美味い!
DSC04519.jpg
「拙者、ドジョウは初めてでごさる。おたくは?」「拙者も初めてでござる。」でぇ!? この若者達・・・マジか?

どぜう鍋にも、ゴボウをトッピング!
DSC04522.jpg
離れには、自転車ジャージの若者二人と、私だけ・・・って、{痛い奴ら}隔離病棟なのか?

ゴボウをやっつけて、(別名:親の敵のように)葱!葱!葱!☆葱!葱!葱!☆葱!葱!葱!葱!葱!葱!葱! 三三七拍子! もういっちょ! 葱!葱!葱!☆葱!葱!葱!☆葱!葱!葱!葱!葱!葱!葱!・・・って、スッカリ気持ち良くなってます。一人鍋で、スッカリ気持ち良くなってます。
DSC04528.jpg
気が付くと、離れは、妙齢の御夫婦や、品の良いご家族連れのお客様も増えてきました。飯田屋さんの離れは、決して{痛い奴ら}隔離病棟というワケではありません。接客は素晴らしいです。

燗酒はほどほど((?))にして、生卵と、御飯を頼んで〆としました。
DSC04531.jpg
生卵は、柳川風ではなくて、すき焼き風につけて食べました。柳川風ならゴボウのお代わり!

いやぁ~美味しかった!喰った!飲んだ!(独り鍋ですがぁ・・・。)たのしかった!
DSC04533.jpg
当初の予定では、この後「神谷バー」でもって、時間調整して特急「しもつけ」に乗るつもりでしたがぁ・・・。

こっちの特急にしました。(車両も撮影しましたがぁ・・・。こういう表現は、いかがでしょう?)
DSC04553.jpg
「銘板」好きなのですよぉ!・・・って、なんでかなぁ?(職業病?)

特急「しもつけ」の、リクライニングしないシート・・・とは、比べちゃあダメ! アレはアレがイイの!
DSC04555.jpg
はうぅぅん!乗り心地イイ!! こっちの東武も気持ちイイ! あっちの東武も大好き!

というワケで、南宇都宮から来て、お江戸(特に水辺)を楽しみ、南宇都宮へ帰る私でした。
DSC04557.jpg
江戸下町連作!いかがでしたか?別のルートから、江戸にアプローチしても、日帰りコースとして、お薦めです。

芭蕉センセイ深川は船ですか?(江戸下町連作其の二) [東京]

出世とか・・・言う男は・・・どうなのよ?「出世不動」
DSC04372.jpg
はい、今回も、深川をフラフラしています。

10月に、中禅寺湖の上の「紅葉!竜頭の滝」から2ヶ月
DSC04376.jpg
自分(ズブン)そんなに紅葉を気にするタイプだったかなぁ?

あ~このお寿司屋さん・・・ランチ営業するのかなぁ?今、11時40分・・・
DSC04377.jpg
まだ、のれんは外に出ていません。軽く食べたい気持ちだけど・・・。そして一杯・・・。

お魚の絵は、そんなに変わっていないかな?
DSC04378.jpg
まぁいいか?時間を外して、あの店に行くのだ!我慢!我慢!

小名木川の水門
DSC04381.jpg
なんか馴染んできた。こんな風景、あまり見ないのになぁ。

あらら、そのまま川沿いには行けないのかぁ・・・。
DSC04384.jpg
この川沿いは、桜の時期にはスゴイだろうなぁ。

川沿いから、一本入った道路には・・・
DSC04385.jpg
おおお!「尾車部屋」

「高田川部屋」稽古が終わって、お風呂かな?水音が・・・
DSC04386.jpg
若いお相撲さんが、勝手口みたい所で作業中でしたが、声をかける勇気がありませんでした。

水門は正面からより、この角度がボリュームありますねぇ。
DSC04387.jpg
あああ!ナニカ発進してくれねぇかなぁ?

「萬年橋」でんねん!せんねん!ひゃくまんねん!
DSC04390.jpg
鉄道鉄橋を、こういう角度で撮影してみたい!当然、列車が走っているのを、撮影してみたい!

ナニカ1号、ナニカ2号、ナニカ3号、発進して欲しいなぁ。
DSC04393.jpg
下町情緒は???

現在では、水辺がコンクリートで固まってしまっていますがぁ・・・
DSC04394.jpg
江戸時代の川、水路、運河は、もっと、もっと、身近だったのでしょうねぇ。

ね!芭蕉センセイ
DSC04402.jpg
隅田川と小名木川の合流(?)する場所がココ!水運の要のような場所に芭蕉庵はありました。

あああ!門松だ!ほへぇ~!・・・とか怪しい声を漏らした私に、前を歩いていた方がぁ・・・、
DSC04411.jpg
「おぅ!ナカ入って見て行きなぁ!」・・・って、でもズンズン歩いて行ってしまった。 江戸っ子だぁ!

そして、「芭蕉記念館」展示物は撮影禁止なので、ブログ的には残念ですがぁ・・・。
DSC04422.jpg
いいでしょう!地方から来て、散策するモデル・コースみたいでしょう!

これがぁ・・・まだ続くのですよ!
DSC04423.jpg
都営新宿線「森下」駅から・・・

・・・「東大島」駅へ!おおお!地下鉄が地上に出たぞぉ!
DSC04428.jpg
隅田川から荒川まで江東区を横断!現代の感覚では東西が横断で、南北が縦断ですがぁ・・・。

江戸時代は、南北が横川で、東西が縦川だったのですよ!(豆知識!?)
芭蕉センセイは、小名木川を西から東へ船で移動していたのかなぁ?きっと船を使っただろうなぁ。
DSC04431.jpg
そんな「芭蕉記念館」から共通券3館目は、「中川船番所資料館」に到着!船で来たかった。

ね!まるでモデル・コースでしょ!では、江戸下町連作其の三に、つづきます。(更新ペースアップ!)

タグ:鉄道 東京

東武に乗って「深川江戸資料館」 (江戸下町連作其の一) [東京]

自宅アパートから、ゆっくり歩いて5分、男の足で3分にある南宇都宮
DSC04253.jpg
朝霧で、朝日をバックに、いい駅舎だなぁ~。今日は始発でないけど、始発利用も多いです。

東武宇都宮線は単線なので、朝から日中は交換駅なのですがぁ・・・。下りに交換印が付かない時刻表
DSC04254.jpg
そのワケは、停車はしてもドアの開かない回送列車との交換時間、07:25!

「自称:飲み鉄」として最近、どうも元気が無かったと反省したのです。「きらきら羽越」の頃が絶好調だった?
DSC04257.jpg
マッサンの影響(?)ニッカウヰスキーのポケット瓶、ナッツ&サラミ・・・チビチビ

♪ ふっじっさぁ~ん!ふっじっさぁ~ん!高いぞ、高いぞ、ふっじっさぁ~ん!
DSC04264.jpg
ゴメンなさい!私は、やっぱり、静岡市から見る方が好き!でも、富士山は観られるとウレシイ!

ニッカウヰスキーで温まったら、戦闘(先頭)車両じゃけぇぇのぉ!
DSC04268.jpg
待っちょれよぉ!スペーシア!後で(復路)乗っちゃるけんのぉ!

同じ位置で、撮影しよっても、光線の角度で、こうもウインドシールドの汚れが、違うんかのぉ!?
DSC04270.jpg
歯がいぃ~のぅ!ワシが江戸へ向かうと、いつも「日光号」とは、よぉ擦れ違うんじゃけぇ!

ワシみてゃ~な、静岡生まれ広島育ちの(温暖な地域の)モンが、利根川より東北で生活しとるとはのぉ・・・
DSC04272.jpg
人間、何処でも、南極でも北極でも、赤道直下でも、生きて行けるチュウことじゃけ!

マッサン・モード(広島弁)に疲れました。(あはは・・・笑)ニッカウヰスキー終了・・・えええ?でも、大丈夫!
DSC04284.jpg
補給完了!車内販売が無ければ、途中下車!「とうぶどうぶつこうえん」いい駅だぁ!

おおお!特急「りょうもう」! 東武鉄道の特急車両は、カッコイイ!
DSC04287.jpg
駅ホームでの撮影マナーは、格段に良好になった私です。sonicさんの御陰です!

この旅は、ちょっと前の「しじみ・しみじみ 船橋 津軽 深川」の焼き直しなのです。
DSC04304.jpg
sonicさん 吉永画伯の個展3人展「STREET」で訪れた深川を、どうしてもじっくり見たくて来ました。

まずは、というか前回からのつづきならば、ここからでしょう!
DSC04307.jpg
こうして建物だけ見ると、都内のいわゆるハコモノ?(箱物)?って感じですがぁ・・・。

入口のこの雰囲気! (老舗旅館でも、今日日無いかなぁ~(?))
DSC04308.jpg
こういうのが、大好きです。

近所には、相撲部屋もあって、お相撲好きも必見ですよぉ!(okoさんは見てますよね。)
DSC04369.jpg
入口で、等身大の大鵬関パネルと記念撮影した、あの、へのへのオヤジ画像は削除!

ニャァァァン! あ!猫が鳴いている。(猫!鉄道!酒!・・・三大要素!今回もOK牧場!)
DSC04314.jpg
この猫、ずぅ~っと鳴いていました。

階段を降りて、江戸時代に潜る!? タイムトリップ! 潜入だぁ!
DSC04315.jpg
この階段で、江戸に降りる雰囲気は、「深川江戸資料館」の真骨頂(?)と、思いました。

江戸の暗い路地に、迷い込んだ瞬間の、なんとも云えない心持ち!真骨頂(?)と、思いました。
DSC04316.jpg
迷い込んだ不安感に、手を差し伸べるのは、ガイドさん!☆ガイドさんが、素晴らしい!

ガイドさん:「この八百屋さんの野菜は、四季、展示が代わるので、是非、四季毎に訪れてください。」
DSC04317.jpg
おおお!練馬大根に、深谷葱!?蓮根、人参、そして小松菜に似た菜っ葉は、杓子菜ですかぁ?

あれ?手拭い屋さん?冬場に浴衣の端布ですか?
DSC04325.jpg
ガイドさん:「端布!正解です。江戸時代の着物は貴重で、人が一生に着る着物がほんの五、六枚でした。」
「なので、こういう展示&移動販売を、行っていました。そして、繕い、繕い、着物を大事に着ていました。」

神棚と別に、縁起棚が飾られた、この町で一番の大店は、お米屋さん
DSC04334.jpg
銭形平次の家って、これくらいかっこよかった気がする。

船宿のお勝手場
DSC04335.jpg
なにか?気になりませんか?

火吹き竹の置かれた、メカメカしい釜戸!これは船宿の船頭さんが、いつでも、お湯で手足を洗える!
DSC04336.jpg
スペシャルな給湯装置なのですねぇ!・・・ガイドさんが、何でも教えてくれます。

八百屋さんの野菜が、四季代わりますと・・・スクリーンの景色も変化します。
DSC04338.jpg
私の滞在時間中に、一日の時間帯は、朝昼晩、変化していました。

クゥ~ン、クゥ~ン、クゥ~ン・・・
DSC04339.jpg
ワンコも、あちこちに居ます。

天麩羅の屋台
DSC04340.jpg
江戸も、今の私のような、単身者、独身者が多く、外食が多かったのですねぇ。

この家は、ちょっと今までと調度品が違いますねぇ。
DSC04345.jpg
常磐津のお師匠さん、おしずさんの家です。

こんな長火鉢で、熱燗をつけて、おしずさんと、差しつ差されつ!
DSC04347.jpg
お酒から、すこしも離れないのが、私のブログの特徴かもしれません。

これは、何でしょうか?
DSC04348.jpg
ハイ!正解!暦!カレンダーです。シンプルだなぁ。

おしずさん家から比べると、畳も無く、商売道具も転がっている。この家は、貝を採って売る独身男の家
DSC04350.jpg
自分を省みると、国元に妻子を置いて、×××な感じなのかなぁ~(?)わびしいですねぇ。

あ!この猫、ずぅ~っとニャァ!ニャァ!うるさいなぁ!じぇじぇじぇ!動いた!(笑・爆・笑!)
DSC04351.jpg
「こいつ動くぞ!」あああ!たのしかった!ガイドの馬淵さん!ありがとうございました。

そして、階段を登ると、現代の東京に戻っていくのでした。
DSC04366.jpg
この後、2カ所の共通券を買ったので、(江戸下町連作其の二)へと、続きます。

年内のネタを、年内にUP出来るか(?)怪しいなぁ・・・。まぁ、ボチボチやっていきます。